風景集ですが、写真とおり描きません。いつの間にかぐーたら猫風にアレンジ…。

 

 

卯月孤影

06-08作成

その頃属していたパソコン水彩の団体のサイトに投稿したら 先生から「天才的」とコメントされました。

一瞬喜んだものの、息子に 「この程度が天才じゃ、世の中天才だらけだぁ~。」と笑われて  天狗にならずにすみました。

 

クリックすると 大きい画面が開きます。


(1)アフリカの草原 05-02  (2)海とヨット 05-05   (3)海と山 05-06     (4)透明の浜  05-06  

 


(1)窓辺の花  05-08      (2)イチジクがいっぱい  05-09    (3)奥入瀬紅葉・凛として 05-11

(4)残照に輝く 05-11     (5)奥入瀬紅葉・圧倒的な  05-12


(1)夕景・アジア 06-01       (2)夕景・ヨーロッパ   06-01 

(3)桜トンネル 06-04      旅行先で暗いトンネルの向こうに桜が見えて感動的。トンネルが額縁のようね。伊豆です。

(4)吉野  06-04            

(5)パイプライン 06-04     この絵を描いたすぐ後、コマーシャルで同じ構図を見て、がっくり。ありきたりなのね。     


(1)夕景・安芸の宮島 06-06  

(2)隊商 06-06  ラクダ以外はどこかのHPにあったもの。すいません。作者不明で無断借用。作者さま、ご一報ください。  

(3)宇佐美の海岸にて  06-06   小学生時代は毎年ひと夏をここで子供たちだけで 過ごしていました。 親となった今から考えるとうちの両親は大胆でしたね。世の中 平和だった時代という事でしょうか。 

(4)箱根美術館の庭  06-08


(1)朝焼けの海  06-10  

(2)遠くで呼ぶ声 06-11   これをネットに出した後、テレビで、鹿の代わりに騎馬武者がいるNHKドラマの予告編画像を見てびっくり。めちゃくちゃな構図と思ったけど、これもありがちだったのか~。

 (3)観の目・雪原  06-12   焦点を遠くに散らして全体を見るという剣法の手段。ふーん、どれどれ、こんな感じ?

(4)観の目・北極  06-12   (5)パッチワークな背景  07-13

 


(1)天上の海 07-10     長野の須坂市から1時間。山のてっぺんにある避暑地の山田牧場。雲海を足元に見る毎朝の風景

(2)津和野散策 08-02    ツアーに独りで参加していたら、ご夫婦で参加中の奥様連がそっと耳打ち。 ホントハワタシモヒトリデキタカッタノ~。おやおや。

(3)午後の散歩道 08-05   散歩に着いてきた蝶が私が休むと一緒に休んでいた?  

(4)海  07-03       パソコン水彩を始めたばかりの頃の作品です。