パソコン水彩を始めてからの5年間で、参加した2つのコンテストで、共にグランプリを受賞?!

(あるパソコン水彩画サイトでは 月間コンテストで2回優勝)

56歳まで絵を習ったことも描いたこともないシロートのおばさんにしては 上出来ですよね~。

「水彩7」というソフトが優れていたおかげでしょう。
今さらながら感謝、感謝。「水彩7」アリガトウ!


水彩人.com2005年度年間最優秀作品 (グランプリ)

 

 

題名「涼を呼ぶもの」

 

このサイトに2005年間度中投稿されたパソコン水彩画の中で、年間グランプリを決める投票が行われました。
但し賞品の アイポッドは、家に届いたとたん、娘が持っていきましたけどねぇ…。

 

追記:

私の写真の後ろにある「鯉の滝登り図」は、注文すると予約が混んでいて半年待ちだというので、「知らないおじさんの描いた何万もする絵にご利益があって、

私の描いたタダの絵にご利益がないっていうのは おかしいんじゃないの~。」

 

すぐさま自分で描いて印刷して玄関に飾ったものです。(主人、苦笑い)

二連勝したのはこの絵のご利益なんでしょうか??(注、7月度と8月度の月コンテストで連続2回優勝)

 


 

 

「七夕幻想」 

05-07作成

 

7月度のコンテスト優勝作品です。

ちなみに8月度の優勝作品が上にあるいるかの絵でした

 

 


総合グランプリ受賞作

2008年秋に行われたNTTコミニュケーション主催のコンテストです。
応募総数1000強を越す中でのグランプリ。プロの写真家を含む第三者の選考委員たちによる
投票の結果です

既存のパソコン水彩団体とは一切のしがらみがない選者たちから選ばれたという事が 

私にとっては大変価値があって嬉しかったわけです。

 

賞品は20万円の旅行券。
但し最初狙っていたのは3万円の佳作入賞。

応募した時「もし佳作だったら 3万円の旅行券がもらえるから 貴方達にあげるわよ。」と息子夫婦に約束。

というわけで…。届いた旅行券は右から左に息子夫婦へと…
3万円が20万円になった息子一家は 「たなぼた」だと大喜びでディズニーランドの連泊に繰り出したとか。
こちらは受賞しただけでハッピーなので それもアリでした。めでたしめでたし。

 

今まで描いた中から秋らしいものを12枚選んで、スライドショー形式にして応募しました。